« 春を呼ぶ歌声喫茶まつり | メイン | 雨の晴れ間 »

2014年1月14日

あられとみそ

140114_arare.jpg

 
朝方に寝床で聞く雨音は、
これから訪れる一日を呪うかのようなリズムで、
まだ覚めない頭と身体をポタポタと細かく刻んで、深く深く布団に沈めていく。

遅い朝を仕方なく目覚めると、
それらの塊が屋根からどさどさ滑り落ちていた。
いつのまにか雨が、それは雪ではなく、あられになって降っていた。

寒いから、あられのままで溶けないでいる。
砂糖菓子みたいだね。

 
140114_tsubaki.jpg

 
天気予報を見ても、当分の間は雨か曇りか雪。
こんな日が続く山陰の冬が、ちょっとうっとうしくなってきました。

まぁ、しかしそうとばかりも言っておれないんで、
寒中だし、味噌でも仕込んでおこうかと。

 
140114_koji.jpg

 
米を蒸して、麹の種切り。
2012年製造だから、二年物の麦味噌と米味噌がまだだいぶ残っています。
今年が三年目だから一番美味い味噌。
そうして、中甕(6kg)と小甕(4kg)がひと甕ずつ空いているので、
今年はそれに仕込んでおこうと思います。

種麹(4.5g)を2袋買ってきて、米を6kg蒸しました。
途中切り返しながら、コタツで48時間。
花がついた米麹を塩切りして完成。

大豆は去年7kgほど取れたので、すべて安心のマイ大豆。
これを5kg使います。
水にかして、麹が出来上った頃合に、炊いてくだいて、
塩切り麹と混ぜ合わせ、それから甕に寝かせます。
今の味噌を食べ尽くす頃には、きっとおいしく熟成されているでしょう。

新しい麹ができたなら、
味噌に使ってもまだ余るので、今年もどぶろくを作ってみようと思います。
作るたのしみ、味わうよろこび。
うまい酒ができればいいのだけれど。