« 雷・風雪・波浪注意報 | メイン | 裸麦ごはんと焼きミカン »

2009年12月22日

ひん曲がった鍬

091222_kuwa.jpg


 
鍬を入れたらゴンとはねかえる。
石かと思ったらヨシの群生した根っこだ。
これがなかなか固くて鍬が入らない。

それでも何度もやってると端から少しずつ崩れてくる。
鍬が入ったところで、根ごと起こそうと梃子にしても、
根が張っていて、これがなかなかビクともしない。

この野郎と思って、ムキになってぐいぐいやってると、
鍬がひん曲がりやがった。
曲がる方も曲がる方だけど、自分も少々大人気なかった。


 
091222_saburo.jpg


 
まぁ、そんなこんなで三郎の作業はすべて終わりました。
納屋に僅かに残っていた米ぬかを、
祈りをささげるように、畝の上で風に飛ばして区切りをつけました。

さて、終わってみると、たいへんだったことは忘れるもので、
「この調子で次郎もやってみるか」、と
おにぎりランチの後に、さっそく次郎に取り掛かったのでした。

もう、草をよけるのも面倒だし、
次郎はさほどでこぼこもないような気がしたから、
土を砕いて草を被せるだけにしようと思ってかかった。

4m幅の、三郎の畝は12枚。次郎の畝は18枚あった。
次郎の作業は意外とはかどって、
今日のうちに6枚こなすことができた。

そうして、ふと空を見上げると、竹林が夕陽に染まっていた。


 
091222_takeyuhi.jpg


 
土砕きと草被せがあと12枚終わったら、
もう一度、次郎の周りの畦の草刈りをして、次郎も完了。
あと二人日かな。今年中にできればいいのだけれど。

でも、今日は何だかよく働きました。
5時のチャイムが鳴る前に、
「もう働けません」、と田圃をあとにした。


 
091222_syukaku.jpg

 
これは今日収穫した人参とじゃがいも。
ジャガイモは道の駅で買ってきた芽が出たメークインを植えたのですが、
ちっちゃいのがいくつかしかできてなかった。

明日、全部掘り出して畝を整えておきたいな。
明日は休みの日だけど、お昼にお客さんの予約が一組あるのでオープン。
今日は早く寝て、午前中に畑をやっちゃおうかな、と思ったり。

でも、天気予報を見ると明日午前中は雨。
うまくいかない。

コメントする