« 保育園のこどもたち | メイン | 昨日のこと。今日のこと。 »

2008年9月20日

宅野の夕焼けざんまい

080918_sunset_01.jpg


裏庭から少し見える空の色で、おっ、今日の夕焼けはすごいぞ!
っていうのがわかる。
だからそんな時には、気がついたらとにかく早く駆けつけないと、
日が暮れてしまうまでのステージはとても短い。
うかうかしてると、せっかくのクライマックスを見損なってしまう。


080918_sunset_02.jpg


で、走って海に出てみると、
うわぁぁぁ、って時は、本当に空一面が見事なほど芸術なんですね。

そういう時は、本当はただ口をあけて見てればいいんだけれど、
本物は、ファインダー越しになんんか覗いている場合じゃないんだけれど、
でも、何かしないと落ち着かなくて、
カメラのシャッターを何度も何度も切る。


080918_sunset_03.jpg


このダイナミズムが写し取れるはずはないのにね。
何かドキドキしながら、
馬鹿みたいにシャッターを切ることしかできないんだ。


080918_sunset_04.jpg


この美しさが本当に愛おしくなる時には、
丸ごと抱きしめたいという衝動にかられるのだけれど、
この大きな空と海を、どうやって抱きしめればいいのかわからない。


080918_sunset_05.jpg


だから、ひとしきりシャッターを切った後は、
もう何もせず、ただただ呆けて目を見開いているのです。


080918_sunset_06.jpg


そして、空はひとしきり紅く染まった後に、
まるで幕を閉じるようにトーンを変えてしまうのです。


080918_sunset_07.jpg

空も海もきれいだけれど、
こちらでは気持ちのよい人たちに本当にたくさん出会います。


そういう気持ちのよい人たちに出会うたびに、
僕はもっと頑張らなくちゃなぁと思います。

僕なんかに、何でこんなによくしてくれるんだろう。
そう思うとありがたくて、何だか生きててよかったという感じがすごくします。

だから、なまけたり不満を言ったりしているひまはない。


本当のところ、僕の人生なんか、その人たちに喜んでもらうためだけに
費やしていいと思っています。

でも、身体がひとつしかないところが憎いですね。
あれをするためには、まずこれをしなくちゃいけないし、こっちをやってると、
あっちができない。


今日、ようやくタマネギの種を蒔きました。
苗ができるまで55日。
それは、もう11月10日なんですね。もう今年が終わっちゃうよ。


でも、種蒔きができただけでも、今日はよしとしよう。
明日、時間があれば、畑の草を抜いて、冬野菜の種を蒔く準備をしよう。

コメントする