« 開墾地 | メイン | さくらの頃 »

2008年4月 7日

空と海辺(そらとかいへん)

takuno_03.jpg


京都なら北の方を「上(かみ)」、南の方を「下(しも)」と言ったりするけれど、
このあたりは不思議な言葉の使い方をする。

海と山が近いからかもしれないが、だいたい海が基本となる。
そうして、その読み方がおもしろい。

海辺(うみべ)ではなくて、海辺(かいへん)。
山の方は、空(そら)なのだ。
「空(そら)の方に住んでる人」とか言ったりする。


takuno_01.jpg


墓地(ぼち)ではなくて、墓所(はかしょ)。
音読みと訓読みの組み合わせがユニークだ。


yaesuisen.jpg


春になると風の勢いもおさまり、
野にはあふれる緑が茂り、
白や黄のさまざまな水仙が、思い思いに咲き乱れ。

コメントする