« さつまいも畑 | メイン | 雨の日、風の日 »

2007年5月29日

窓際にはアイツが

madogiwa.jpg

ガラス越しにお腹が丸見えになってるなんて
きっと知らないんだろうなぁ。
気づいたら、しっぽまで真っ赤になったりして。

でも人は時々、生きてるのがヤになります。

TVや新聞の扱う話題なんて
ほとんど興味もないから
ニュースなんかあんまり見ないんだけれど

zardのいずみさんが飛び降りちゃったとか
聞くと、何だか哀しい。

特にファンでもなかったけれど、
「負けないで もう少し 最後まで 走り抜けて・・」
って歌ってたじゃない。

昔、「二十歳の原点」って
日記を残して自殺しちゃった
高野悦子さんの本を読んだときもそう思った。

何か悔しいよね。
やっぱり他人は何もしてあげられないんだろうか、って思うとね。

もし、自分がそばにいてあげることで死ななくて済むなら、
ずっとそうしてあげたのにって思うけれど、
そんなことをいう自分だって、きっと知らないうちにたくさんの人を見殺しにしてるんだ。

いじわるに言葉はすれ違うけど、愛を求めてる。

本当に、うまく気持ちが伝えられればいいのだけれど。

midorikoya.jpg

こんなにそばにいるのに。

コメント

窓際のアイツは苦手です。全身の力がスーッと抜けます。

飛び交うニュースを見て振り回されています。見ないと取り残されそうで・・・でも必要以上に内容を追求しているのを見ると心が痛むので避けてるかも。これまた矛盾してるのかなー。

取り残された方がずっと幸せになれますよ。

コメントする