« レンブラントの海 | メイン | 窓際にはアイツが »

2007年5月28日

さつまいも畑

新しい畑を借りることになったので、
先日、さっそくさつまいもの苗を買ってきてたのでした。

雨が降る前に土を耕しておこうと思って苗を買ってきて
たのですが、なんやかやとあってなかなか手がつけられず、
雨も降って、また晴れて、それから何日も経って、
結局、今日の今日になってしまいました。

先日の雨でいい具合に雑草が元気に伸びてしまい、
まずはその後始末から。

10m四方ほどだから、畑にはちょうどいい広さなんだけど
まじめにやると結構時間がかかるんだなぁ。

午前中にまず牛ふんを手配して、
それから土を掘り起こして、
昼から草取りをして、
牛ふんをすきこんで、
畝を作って、
ようやく、さつまいもの苗を植えるぞという頃には、
もうすぐ日が暮れる時刻になって
「もう、お帰り」のチャイムが村に鳴り響くのでした。

dainibatake.jpg

葉っぱがややしおれているように見えますが
さつまいもは、まぁ、こんなもんです。
秋にはオール自家製のおいしいスイートポテトが
食べられるぞ。

ということで、
今日は一日畑仕事をして終わりました、とさ。

あと四畝ぐらい残っているので、
何を植えるべきか、それが明日の問題です。

条件は、なるべく手がかからなくて
食べるとおいしいのがいいですね(笑)。

しかし、ウラの畑にも結構思いつく限りの
種類の苗をたくさん植えてるので、
あんまり同じものが大量にできても仕方がない
んだけど。

やっぱりトマトでもたくさん植えて
売るほど作って
店頭で売っちゃいますか。

去年のトマトは本当に水もやらなかったんだけど
すごくおいしくできた。
今年はちょっと過保護に水をやったりしてるんで、
それがどうなるかです。

大切なのは水じゃなくて愛情です。
っていうか、
去年のトマトは愛情もあまりふりかけなかった(笑)。

コメント

小学生の頃学年別に芋を作ってました。素手で牛糞をつかむと頭が良くなると言われ、足で踏むと足が長くなると言われ、悲鳴を上げながら作業したのを思い出しました。水やりは朝晩と大変だけど美味しいの作って下さい。出来たら食べに行きまーす。

なんだ、あしながおじさんは牛ふんを踏んでたのか。

コメントする