« 反芻 | メイン | アメリカの歌 »

2015年4月 7日

ようやく雨が。

150407_shaga.jpg


シャガの花。

しばらく降り続いた春の雨。
午後になってようやく止んだようです。

雨の降る日は外にも出れず、特にすることもなく、
ウラの引き戸を開けては、まだ降ってるなぁと思って、
庭先ばかり眺めていました。

確かに春の雨は慈雨。
もう「万物を潤し育てる雨」って感じで、
ここ数日で、あれよあれよという間に草木がぐんぐん育ちます。

見るたびに育っているのがわかるんですね。
あらゆる草が伸びるし、木の芽は出るし、若葉も開くし、花も咲く。


150407_shibazakura


シバザクラ。

少し晴れたので、畑に出て草を取る。
コマツナやコブタカナが、黄色や白の花を咲かせています。

12日は統一地方選の投票日。
田舎は人も歩いていないのに、選挙カーだけがやかましい。
くだらない名前の連呼、この時ばかり「ご挨拶に参りました」。
「ご声援ありがとうございます」って、誰も応援なんかしちゃいない。

いくら選挙運動の常道だからといって、
何かこういう、時代錯誤的な迷惑行為を、
もう原発が吹っ飛んで4年も経つのに、その後始末もできないこの状況下で、
そんなこと、まるでなかったかのように、
恥ずかしげもなく声を張り上げている事自体が信じられない。

そんな神経の持ち主で、
どうせろくに仕事もしない田舎の立候補者に、
それでもその中の誰かに投票しなくちゃいけないという、
選挙権を行使しなくちゃという、
何てどうしようもなく腐りきった民主主義。

まぁ、知らず知らずそんな政治家ばかりを育て、
いつの間にかこんな国にしてしまったのは、
あなたや私や、田舎の気のいいおっさんたちには違いないですが。

難しいことは考えようとせず、テレビや新聞の言うことだけを鵜呑みにして、
日々まじめに働き、稼いだ分だけせっせと消費活動に励み、
目の前の、自分たちだけが、楽で便利で健康ならいいという、
大多数の愚かな国民です。

でもさ、日本人そろそろ変わんなきゃね。