« 2013年4月11日 | メイン | 2013年4月15日 »

2013年4月12日

さようならスズキキャリー、こんにちはスバルサンバー。

130412_carry.jpg


やっぱり田舎は軽トラがないと仕事にならない。
そう思ってずっと欲しかった軽トラ。
手に入れてから1年4ヶ月。
刈り取った麦を山積みにして持ち帰ったり、
ストーブの薪にと、山から切り出した木をいっぱいに積んで運んだり。
何せ気兼ねなく、何でもばんばん載るだけ載せられるのがいいですね。

それから、乗車空間が狭いのは、いいところもあって、
冬なんか、ヒーターを入れるとすぐに暖まります。

都合が悪いのは、やっぱり雨。
雨の日に荷物が多いと、荷台じゃ濡れるし、運転席ならいっぱいになる。
2人しか乗れないのも、普段は全然構わないけれど、
ちょっとそこまで誰かを乗せていってあげようと思っても、2人しか乗れない。

それから、ちょっと遠出したい時にも、
夏だからといって、荷台で夜を明かすわけにもいかず、
やっぱり、そういう時は屋根があって、車内でゆっくり足を伸ばせる車がいい。
両方の用を足そうと思ったら、
これはやっぱり「軽の箱バン」しかない。

しかも、今回の軽トラは2駆だったので、
何てことのない土道から抜け出せなくて、わざわざ人を呼んで助けてもらったり、
田圃の溝にタイヤを落として、これも2駆じゃどうしようもなかったという苦い経験から、
やっぱり、田舎は4駆じゃないとお話になりません。

だから、「4駆の軽の箱バン」が欲しいなぁとずっと思っていたのですが、
みんな考えることは同じと見えて、なかなかいい中古車が出ない。
一度手に入れたら履きつぶすまで乗る人が多いようです。
そんな状況だから、たまに出てきても、程度が悪いか、結構高い。

そうして、近くの中古車屋さんを通るたびにいつも気にかけていたのですが、
この間、たまたま前を通ったら、お手頃価格なのが出てました。
外観も悪くない。しかも、みんな大好きスバルサンバー。

これは買うしかないかと思って、即決断。
スズキキャリーを引き取ってもらって、
フル車検付きで20万円台なら、よしとしましょう。
お世話になりました、スズキキャリー。

 
130412_samber.jpg


4ナンバーの軽貨物だけど、新しいフロアカーペットが敷いてあって、結構きれいです。
麦や薪を積む時は、ブルーシートが必須になるかもしれません。
ちょっとエンジン音がうるさい気もしますが、サンバーだしね。
平成11年式で10万キロ走ってますから、まぁ細かいことは気にしません。

これで遠出しても夜露に濡れずに眠れます。
こんにちは、スバルサンバー。
これからはよろしくね。