« 2011年3月27日 | メイン | 2011年4月30日 »

2011年4月 9日

春になってきた

110409_nanohana.jpg

 
昨日は久しぶりの雨で(・・・それは放射能の雨かもしれないけれど)、
草ぐさは朝つゆをいっぱいためて、ひと回り成長しておりました。
いよいよ春の気配です。

4月も中旬になろうというのだから(・・・原発の不安はいっこうに晴れないけれど)、
そろそろ重い腰を上げて、田畑に通わなければいけません。
種籾の算段もしなくちゃいけません。

 
110409_yokomame.jpg


 
サヤエンドウが実を結んでおりました。
ことし初豆、初収穫。
さっと湯通しして、かじったら、あぁ、確かにこんな味でした。
一年ぶりです。実ってくれて、ありがとう。

 
110409_tatemame.jpg


 
汚染されていない土、汚染されていない大気、
そして汚染されていない河川、海。
それは昔は、ちっとも当たりまえのことでした。

今はもう、願ってもないものになろうとしています。

田舎だって同じです。
少しぐらい緑が多いからって、里山ももう見捨てられてしまったから、
荒れちゃって、竹藪やイバラばかりです。

山間に、谷筋に、無造作に捨てられてきた廃棄物。
そこからやがて、ダイオキシンやヒ素や鉛が地下水に染みこみ、
河川をつたって生命の海に流れこみます。

海が透明で、きれいだからって、
そこはもう、貝や魚が住めなくなっているのです。

これからは、無邪気にアジゴ釣りだって楽しめない。
ワカメやのりだって、ちょっとびくびくしながら口にしないといけない。
こんな海の近くに住んでいるのに、何てことでしょうね。

 

110409_syungiku.jpg


 
これは菊菜の花。
今日は、そのそばにジャガイモを植えました。

来週からは田圃に出ようと思っています。

原発がいくつ吹っ飛び、放射能がまき散らされようが、
ダイオキシンや環境ホルモンで、どんなに海や大気が汚染されようが、
いったん出たものは、誰も回収することができないのだから、
自然に薄まることはなく、重く蓄積されていくのだから。

はい、わかりました。
私たちは、もうそれらを甘受して生きていくしかないと、
そういうことですね。


日本が、もう少しまともに物事を考えられる社会になることを祈りながら、
私は、黙って田畑に出ることにします。