« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月27日

ぼうふうの花 鹿肉の燻製

090527_bofu.jpg


知らないと気がつかないけれど、これがぼうふうだと分かると、
いたるところにぼうふうは自生している。
久しぶりに見たぼうふうは、にんじんのような白い花を咲かせていた。

山道を海に向かって車を走らせると、
行き着く先に素晴らしい砂浜が広がっていたりする。
釣り人ぐらいしか行かなくなった岩場が、静かにそこにある。

何だかもったいないくらいの自然の在り様だけれど、
その海端の小道には、
産業廃棄物や、不燃ゴミの埋立て場の看板がたくさん立っている。

海は何も言わないから、
そこにこっそりと捨てて埋めるのだ。
何でそんなことが平気でできるのか、まったく訳が分からないよ。

たぶん、タバコのポイ捨てと同じような感覚なんだろう。
「それがどうして悪い?」

090527_camp.jpg


島根の海の美しさは、守らないと、たぶん守れないのだ。
人口が少ないからといって、巨大なごみ処理施設を作ったり、
原発を誘致したりしてはいけないのだ。

 
それはそれとして、先日友人から鹿肉をたくさんいただいた。

骨付きの脚だったりするから、
さばくのが慣れないでたいへんだったが、みんなで仲良く山分け。

意外と柔らかくて臭みもなくて、
焼肉にしてもおいしかったけれど、やっぱりスモークのもんでしょ。
そう思って、桜の枝を細かく切って、
簡易燻製装置で半日ほど燻り出した。


090527_shika.jpg


ちょっと火が近すぎたようで、ジャーキーのようになったけれど、
まぁ、うまいからよしとしよう。


こんなところで新鮮な鹿肉が味わえるしあわせ。
三原さん、ありがとう。

2009年5月22日

ウミネコが水田に遊ぶ

090521_umineko.jpg

ほら、この辺りは海が近いから、
ウミネコは水を張った田んぼにまで飛んでくる。
それで田の中の虫や蛙を食べたりするのかな。
いったい、ウミネコは雑食なんですかね。


先日、出雲の斐川沿いを車で走っていたら、
もう小麦が黄金色に色づいていた。
そういえば梅雨も間近。


うちの小麦たちはどうだろうと心配になって、
リバーサイドに見に行った。


090521_komugi.jpg


おお、それなりに実も入って、色づいてきた。
悪くない。


090521_oomugi.jpg


大麦もこのとおり。

ライ麦は、背丈ばかり高くなって、強風で倒れたり、
実入りもあまりかんばしくない。
土のせいかなぁ。

でも、今回は試しに条植えで細々とやったせいもあって、
どことなく淋しい。
やっぱり麦は、あたり一面の麦畑でないといけない。

次は、麦畑にしよう。

2009年5月20日

こんな横暴が許されていいのか

090520_1.jpg


田舎行政だからといって、笑っては済まされないことが起きています。
茶番劇も冗談なら鼻で笑えますが、それが真顔で襲いかかってくるようなら、
こちらもきちんと対抗手段を取らないといけない。

権力の横暴の前に、個人はいつも弱い立場に立たされる。

大田市のゴミ処分場建設計画のことです。
そのことで今日、竹腰創一大田市長のところに申入れに行きました。

詳細は以下のブログで。
「宅野の自然と生活環境を守る会」活動ブログ

2009年5月 8日

梅の実がふくらむ

090508_umenomi.jpg

昨日は残っていた種を全部蒔いた。
いや、種はまだ残っているんだけど、種を蒔く場所がなくなった。
あれもこれも蒔こうとすると、畑がいくらあっても足りない。

畑仕事をすると、少し汗ばむ。


 いろんなことがありました。
 それはただの道草でした。
 道草の続きから離れましょう。
 道草を思い起こして繰り返すことからも離れましょう。
 そうして本当に最初から私の欲しかったものを私にたずねましょう。
 たずねあてた私が安らかでありましたら私はそこに住みましょう。

 「妙なる畑にたちて」川口由一

2009年5月 6日

毎日さやえんどうだね。

090505_saya.jpg


さやえんどうならおもしろい。
あちらこちらから眺め透かして、
大きくなったさやを探しては摘むのだけれど、
緑の葉陰にうまく隠れたさやをもらさず見つけることなんてできない。

通りすがりにみつけたさやは
その時に摘まないと、
次にはもう葉っぱに混じって見つけられなくなる。

大きなさやは全部摘んだはずなのに、
翌日になると、またたくさん実っているから不思議です。

一粒の小さな豆がこんなに葉を茂らせて、
つるを伸ばして、たくさんの実をつけるんだから、
まったくまったく、種というのは素晴らしい。


090505_strow.jpg

いちごがね。
ほら、色づき始めた。
今日採ろうか、明日まで待とうか。
真っ赤に熟れた完熟いちごは、とびきりおいしいよ。

今、地面ではすごい勢いでダンゴ虫が繁殖していて、
あっちこっちで生殖活動をこなしているんだ。

熟れたいちごがね、食べられなきゃいいんだけど。

090505_cabege.jpg

ほらほら、遅ればせながら、キャベツも巻きはじめています。
虫が来る前に大きく太ってくれればいいんだけどね。


近頃、いい天気続きでほとんど雨が降らない。
今の季節はカラッとして、さほど暑くもなく、
それはそれで気持ちよく過ごしやすい毎日なのだけれど。

今度、雨が降る前に種を蒔いておこうと、
そう思っていた種がなかなか蒔けないでいるのです。

そうこうするうちに5月も半ばになってしまうので、
やっぱり、そろそろ種を蒔いておかないとね。

ズッキーニと大豆、落花生、そういうもの。

今日でも蒔いておこうか。

2009年5月 2日

明日を思いわずらわず、今日を貪らず。

昨日は、カブトムシの幼虫をもらった。
カブトムシは竹チップの中に好んで卵を産むのだそうだ。
竹の繊維は甘くて、幼虫の格好のエサになる。


090502_kabutomushi.jpg


ここのところ、しばらくいい天気が続いています。
ソラ豆がだいぶ伸びてきているようなので、支えをしてあげなくちゃ。
だいぶ前からそう思っていたのだけれど、ずっとできないままいた。


昨日、支えの杭を30本ほど作って、
添え木をしてあげようと思いながらできずじまいで、
今日こそはと思い、杭を打って麻ひもで囲いをしてあげた。
もう、だいぶひね曲がっていたよ。

もう少し早くしてあげればよかった。


毎日のように苺の花が咲き、
そろそろ早いのが青い実になってふくらんできた。
赤くなる日も近い。

もう、放っておいてもランナーが伸びて増えるので、
ここは苺畑にしちゃってもいいかもしれない。
でも、畑がもったいないので。
混植できて、秋に実が成るものがあればいいのだけれど。
やっぱ、大豆かな。


090502_lchigo.jpg


リバーサイドの麦の穂もだいぶ充実してきた。
ライ麦は背が高くなりすぎて、風でだいぶ倒れたけれど、
小麦や大麦はほとんど大丈夫だ。


090502_komugi.jpg


大麦もこころなしか、少しこげ茶色になってきた。
つんつんとしたヒゲが、なかなか美しいものですね。

えらそうに分別することが無駄なことかもしれない。

主張せず、争わず、
自然のまま、土に返るのを気長に待つことが最善なのか。

明日を思いわずらわず、今日を貪らず。