« 2008年8月 | メイン | 2008年10月 »

2008年9月24日

昨日のこと。今日のこと。

080923_01.jpg


昨日は、またまたシーカヤックで子どもたちと遊びました。
大田市内の親子や、三瓶の山村留学の子どもたち約30名。
お天気もまずまず。
夏のように嵐になることもなく、穏やかな海辺の一日でした。


080923_00.jpg


3グループに分かれて、「シーカヤック」、「磯遊び」、「釣り」をしたのですが、
山村留学の子どもたちは、時々宅野に釣りに来てるので、結構釣りがうまい。
23cmほどのカワハギとイシガキダイを釣ってきた。

うーん、そんなカワハギ、あたしゃまだ釣ったことがない。
くやしい。

で、休むことなく、今日は仁摩小の子どもたち約40名。


080924_01.jpg


社会科の授業で「古民具を学ぶ」というテーマ。

納戸や蔵の中からめぼしいものを見つけて展示しておきました。
子どもたちはそれをスケッチして帰って、
それが、今ではどんな道具になっているのか調べるんですね。

自分でも、何に使うのかよくわからない道具が結構あったりするのですが、
それよりも、その道具の名前がわからない。
使い方がわからないのに、名前がわかるはずないよね。

なので、まだ小さな頃の記憶があるおじさん、おばさんに
事前ヒアリングをしておきました。
そういう人たちに聞くとね、聞いてないことまで、喜んで教えてくれます。
「昔はなぁ・・」と話す顔は、
みんなちょっと得意そうで、とてもいい顔になります。

で、メインイベントは、やっぱりかまどでご飯。


080924_02.jpg

ここんとこ、新米だからね。
新米で、かまどご飯、炊き立て、の右に出るものない。
その白ごはんのおいしいこと。
もちろん、おこげも最高。

塩にぎりと、漬物だけで、もうばくばく食べられます。


子どもたちは、実は学校に戻ると、今日は給食があるんだけどね。
ひとつ食べたら、もうひとつ。
そりゃー、おいしいからね。7つぐらい食べた女の子もいました。

こんなことなら、給食をキャンセルしとけばよかったね。
ごめんなさい、給食のおばさん。
かまどご飯には勝てませんでした。

そんなこんなで終わろうとした一日だったのですが、
もうひと仕事。


080924_03.jpg

お米の収穫のお手伝いに行ってきました。
いわゆる、脱穀というやつですね。
よくかわいたハゼ干しの穂を脱穀機に通していくと、
藁と籾とがきれいに分かれていく。
何とも便利な機械です。

後で袋詰めの作業をお手伝い。
作業は機械がやってくれるので簡単だけれど、
身体中が藁の粉だらけになります。


でも、収穫したての籾を一袋ゲット。
うれしいなぁ。
しばらくは、毎日新米ざんまいですね。

2008年9月20日

宅野の夕焼けざんまい

080918_sunset_01.jpg


裏庭から少し見える空の色で、おっ、今日の夕焼けはすごいぞ!
っていうのがわかる。
だからそんな時には、気がついたらとにかく早く駆けつけないと、
日が暮れてしまうまでのステージはとても短い。
うかうかしてると、せっかくのクライマックスを見損なってしまう。


080918_sunset_02.jpg


で、走って海に出てみると、
うわぁぁぁ、って時は、本当に空一面が見事なほど芸術なんですね。

そういう時は、本当はただ口をあけて見てればいいんだけれど、
本物は、ファインダー越しになんんか覗いている場合じゃないんだけれど、
でも、何かしないと落ち着かなくて、
カメラのシャッターを何度も何度も切る。


080918_sunset_03.jpg


このダイナミズムが写し取れるはずはないのにね。
何かドキドキしながら、
馬鹿みたいにシャッターを切ることしかできないんだ。


080918_sunset_04.jpg


この美しさが本当に愛おしくなる時には、
丸ごと抱きしめたいという衝動にかられるのだけれど、
この大きな空と海を、どうやって抱きしめればいいのかわからない。


080918_sunset_05.jpg


だから、ひとしきりシャッターを切った後は、
もう何もせず、ただただ呆けて目を見開いているのです。


080918_sunset_06.jpg


そして、空はひとしきり紅く染まった後に、
まるで幕を閉じるようにトーンを変えてしまうのです。


080918_sunset_07.jpg

空も海もきれいだけれど、
こちらでは気持ちのよい人たちに本当にたくさん出会います。


そういう気持ちのよい人たちに出会うたびに、
僕はもっと頑張らなくちゃなぁと思います。

僕なんかに、何でこんなによくしてくれるんだろう。
そう思うとありがたくて、何だか生きててよかったという感じがすごくします。

だから、なまけたり不満を言ったりしているひまはない。


本当のところ、僕の人生なんか、その人たちに喜んでもらうためだけに
費やしていいと思っています。

でも、身体がひとつしかないところが憎いですね。
あれをするためには、まずこれをしなくちゃいけないし、こっちをやってると、
あっちができない。


今日、ようやくタマネギの種を蒔きました。
苗ができるまで55日。
それは、もう11月10日なんですね。もう今年が終わっちゃうよ。


でも、種蒔きができただけでも、今日はよしとしよう。
明日、時間があれば、畑の草を抜いて、冬野菜の種を蒔く準備をしよう。

保育園のこどもたち

sunsn_080919_01.jpg


18日と19日は、出雲から保育園の子どもたちがお泊り保育に
やってきました。
年長さん15名。夏にも来てくれたんだけど、今回はお泊り。


帰られてから、先生からこんなコメントをいただきました。

> 何をするにも珍しいことだらけで、興奮気味の子ども達にはとても
> いい体験になったと思います。私自身も楽しませていただきました。
> そして、宅野の方々の温かさもいっぱい感じた2日間でした。
> 朝の散歩や駅までの帰り道。すれ違う方々が声をかけてくださったり、
> 道を教えてくださったりと嬉しいことがたくさんありました。
> 為山塾はもちろん、町全体で歓迎してもらえていたように感じました。
> 心も体も色んな体験で満たされ、また一回り成長した2日間となりました。


そんな風に言ってもらえるとうれしいですね。

為山塾の古民家も40年もの間、ひとり塵埃にまみれていたのに、
120年の後に、こんな可愛い子どもたちの歓声が聞けるなんて、
思いもしなかっただろうな。

だから、広い部屋の中を子どもたちが走り回るのを見ると、
ハラハラしながら、「走ってはいけません」と言いいつつも、
お家が喜んでいるのがわかるのですよ。

町のひとたちもそうですね。
若い人や子どもたちで賑わうのはお盆か正月ぐらいですから、
子どもたちの騒ぐ声なんて、そうそう聞けることはありません。


町に活気が戻ってきたようで、みんなうれしいのです。


snsun_080918_02.jpg

朝晩が少し涼しくなり、海の水温も下がったせいか、
湾内にも小魚がたくさん泳ぐようになりました。
例年のようにアジゴが群れることはまだないですが、

サビキには、イシダイやカワハギやセイゴコやアジゴなど、
いろんな魚がかかります。
釣れるたびに、こどもたちは大喜び。
釣った魚は、塩焼きで丸かじり。


snsun_080918_03.jpg


竹でバームクーヘンづくり。

あと、パンも作ったよ。いきなり初めての挑戦。
竹の回りに巻くヤツじゃなくて、竹の節の間に丸めた生地を入れて
ふたをして竹ごとあぶるヤツ。
改良の余地はありますが、結構いけますね。
ぶどうやナッツを入れると、さらにグッドかもしれません。


広い土間で、家の中で火が焚けるというのはいいですね。
これからは紅い火の暖かさが気持ちいい季節です。

おー、そういえば、ウチのさつまいもは畑でスクスク育っていますよ。
はー、焼きいも、焼きいも。
実は私が一緒になって、一番楽しんでいるかもしれません。


松江、出雲、江津、浜田あたりからなら、ちょっと足を伸ばして、
ちょうどいい距離です。
子供会のお世話係さん、保育園や幼稚園の先生方、
小学校の担任の先生。

秋のイベントに子どもたちを連れて、宅野に遊びにきませんか。

2008年9月15日

土間の舞

080915_01.jpg


Keijuさんの演奏に合わせ、
為山塾の中扉から逆光の中を現れ出たAmiさんの姿絵は、
まるで観音さまのようでありました。
この、ぞくぞくとする鳥肌感覚は何だろうな。

印を結んだ手の平からシャワーのような光が撒き散らされる。


080915_02.jpg

影武者のような、よさこい、四銃士。


080915_03.jpg


Keijuさんのブズーキの音色に合わせ、土間を狭しと跳ぶように舞うAmiさん。
くるくると、ふわふわと、小気味よく回る、回る。

うれし。

2008年9月11日

9月15日のコンサートのこと

080915_concert.jpg


9月15日は月曜日だけれど祝日。敬老の日ですね。
この日2時半から為山塾で行われるコンサートは、言っときますが、かなり必見です。
もしかしたらあなたにとって、今年一番心が揺さぶられるコンサートになるかもしれません。

美術館に絵を見に行ったり、焼き物の窯を訪ねたり、
音楽コンサートを聞きに行ったり、誰だかの講演会に出席したり。
そういうことってあるけれど、

それは、何ていうか、
「あの人の絵は一度見ておかないとね」とか、「せっかくだから、」とか、
「有名な人だから、」ぐらいで出かけることが多いと思う。

でも、そういうのじゃなくて、
名前はあまり聞いたことないけれど、特に期待してたわけでもないんだけれど、
実際、その場に出かけてみて、その音を聞いてみると、

何だか心の奥の、芯のあたりに深く問いかけてくるものがあって、
涙が出るくらい感動しちゃった、って時が人生には一度や二度あるものです。


15日のコンサートは、
もしかしたら、あなたにとってそんな機会になるかもしれません。

Ami_Keiju.jpg

当日のプログラムは、
オープニングに、チーム「和笑 ~なごみ~ 」。
為山塾の土間を狭しと、華やかな踊りが繰り広げられます。
当日は、Keijuさん作曲の新作をひっさげての登場です。

そして、Keiju Nakajima (中嶋恵樹)さん。
プロフィールをご紹介すると、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
横浜生まれ新宿育ち。
20年以上を日本を離れ、アジア、ヨーロッパを中心に旅をする。
長年滞在したタイの音楽界では数々のレコーディングセッションに参加。
数百枚のアルバムに参加し、作曲・編曲、そしてギターを弾く。
旅の間に行った現地のミュージシャンとのセッションで、ジャンルを超え
た新鮮なスタイルを確立する。
数年前に日本に戻り、四国山中にスタジオを構え、作品製作を始める。

メインはギターであるが、バリ島の竹笛「スーリン」、インドの民族音楽楽器
「シタール」、ギリシャの伝統的な弦楽器「ブズーキ」をはじめ、琴やシンセ
サイザーなども奏でるマルチプレイヤー。
旅先で出会った様々な楽器を駆使し、独特のサウンドを展開する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


で、ビッグサプライズは、
今回お知らせのチラシに間に合わなかったのですが、
なんと、Ami (飛天舞あみ)さんが、インド舞踊でKeijuさんと共演すること
になったのです。

Amiさんのプロフィールをご紹介すると、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
インド放浪の旅の途中、インド舞踊に出会う。
北インド古典舞踊「カタツク」を習いはじめる。2005年ステージを観て深く感
銘をうけた「スーフイーカタツク」のマンジャリ・チャトルベティー女史に師事。
インド古典舞踊の「カタツク」とともに、イスラム神秘主義の流れをくむ「スー
フィーカタツク」を学ぶ。また日本国内では、独自の「飛天舞」を展開し、様々
なジャンルのミュージシャンと共演する。
1年の半分はインドにて舞踊の修行。そして、日本全国を旅しながら舞踊活
動を続ける。

☆ カタックダンスについて
カタックダンスとはインド四大古典舞踊の一つで、北インドを代表する舞踊
です。神々を讃える讃歌、歌曲に合わせたゆっくりとした優雅な動きや、リズ
ミカルなフットワークと旋回によって構成されます。
その魅力は、裸足で床を打ちつける音と、足首につけた100個以上の鈴の
音が織り成す、ダイナミックなリズムパターンに醍醐味があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


百聞は一見に如かず、とはよくいったもので、
去年9月に、為山塾で見たフラダンスは、
「あー、アロハオエね。」なんてつもりでいたんだけど、とんでもない。
1000年の歴史を持つホンモノの舞踊は、まっこと鳥肌ものでした。

よさこいといい、KeijuさんとAmiさんとの共演といい、
万難を排して見に来る価値は大有りです。
当日チケット(大人2000円、高校生1000円、中学生以下無料)もありますので、
ピンと来た方はぜひ為山塾にかけつけてください。
2時会場。2時30分開演。詳細はこちら

当日が楽しみだなぁ。

2008年9月 5日

「夢手紙コンテスト」のこと。その1

おもしろいなぁ。僕は、とっても楽しい。

「満を持して・・」というよりも、「やろうぜ」、「明日から」、「えーっ!」
「よし、やるか!」、みたいなノリでチーナカ豆さんと盛り上がって、
「夢手紙コンテスト」を発表してからもう5日。


mate.jpg


人の対応というのはおもしろくて、このコンテストの話をすると、
「すごい!おもしろい!できるだけたくさんの人に伝えるよ!」
と、このわくわく感を共有してくれて、すぐにアクションを起こして
くれる人もいれば、

「おもしろいと思うけど、・・・(けど!)、そのやり方は法律的にどう
のこうの・・・(法律!)、一般的にはどうのこうの・・・(一般的!)」
と、急に良識ある社会人みたいな口ぶりになって、親切に忠告し
てくれる(でも他人事!)人もいる。


今回の「夢手紙コンテスト」は、ふざけたゲームのようなものかも
知れません。中には詐欺みたいなものだと思う人もあるかもしれ
ません。でも、僕たちはマジメに、本気で、力を入れています。

だって、資産家でもない個人所有の不動産を、ゲームにしてしま
うなんて、普通はちょっと考えられない。


keitou_over.jpg


最初は価格をつけて、いわゆる不動産物件のように扱っていました。
でも、何か違うよなぁと思っていたのです。

夢がなくても、お金さえあればチャンスが得られる、というのが「普通
の」考え方だとしたら、僕たちはその逆を行きたい。

夢さえあれば、お金なんてなくてもチャンスはいくらでも転がっている、
それが「普通」にならなきゃ、世の中おもしろくない。


チーナカ豆が、更地から夢を築いてきた、その場所で、
どうせなら次の人に、夢の橋渡しができるような譲り方をしたい。
それが僕たちの選んだ「スタイル」です。

1万円ぐらいなら、友だちに借りてだって応募ができる。
お金がないから無理だと思っていたチャンスが、
それで巡ってくるのなら、こんなに素敵なことはない。

僕たちのこんな遊びに共感して、コンテストに応募してくれる人が、
仮に1万人集まったとすれば、これはすごいパワーになる。

そんな風に僕たちが熱く語ると、

「良識」ある人たちは冷たく言うんです。
「射幸心を煽って、お金を集めるようなやり方は、
詐欺行為になるかもしれないから、気をつけた方がいいぜ」って。


それを聞いて、僕は少し哀しくなりました。
・・・何で、そんなことしか言えないんだろう。

大切なのは、
他人にどう見られるかとか、世間にどう思われるかとか、社会の
ルールにちゃんと従っているかとか、そんなくだらないことじゃない。
少なくとも、
第一義はそうじゃない。

本当に大切なのは、
僕たちが、これをどういうやり方(生き方、スタイル)でやるかって
ことなんだ。


「お金がないからと諦めていた夢が、1万円と夢を手紙に
託すだけで、それを実現するチャンスが得られる。」
そんなチャンスを掴まえようとする、夢のかけらが集まれば、
誰かの夢をひとつだけ叶えてあげることができる。


僕たちは、絶対このやり方(生き方、スタイル)でやりたい。
ルールは「一般論」に過ぎないけれど、僕たちは「一般論」を生きて
るわけじゃない。


もし社会のルールが、どうしても僕たちのやり方に合わないのなら、
そのルールを変えてしまえばいいんだ。

そう思って、実は今日、法律相談に行って弁護士に聞いてきたのです。
「僕たちのやり方は、何か問題がありますか?」って。


その結果をできるだけ簡潔に述べると、

およそ関係しそうな法律が、

1.出資法(出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律)
2.景品表示法
3.独占禁止法

ぐらいですが、これらの法律は、「不公正な取引方法」や「不当な顧客
の誘引」などを規制するものです。

僕たちの「夢手紙コンテスト」は、そもそも出資を募るものでもないし、
商行為でもなく、取引や顧客を誘引する目的でやるものでもない。

つまり、これらの法律には該当しないだろう、ということです。

(しないだろう!)

だろう、って何ですか、って聞いたら、断言はできないんだと。
もっと精査して、他に該当するような判例があるかどうか、いろいろ
調べてみないとわからないと。

じゃ、法律に該当しないとしたら、判例を調べて該当するものがなけ
れば、法に抵触しないってこと? なら、その判例はどうやったら調
べられますか? 法務局に行けば教えてくれますか?

すると、法務局には判例を検索できるシステムはないんだと。

弁護士に相談してお金を払って調べてもらってくださいって、(!)
なんだ、結局サムライ商売にお金が行く仕組みになってるだけじゃ
ないか。


私なりに総合すると、
法解釈というのは結局いろいろできるわけだし、明らかに違法だとい
うものがなければ、どこまでいっても、(だろう)としか言えない。
類似するような判例があったとしても、それがそのまま適用されるわ
けでもなく、そもそも誰かが訴えをおこさない限りは、前例のないもの
を誰も裁くことなどできないわけです。


何だか、
「前例のないことはやらない方がアンタの身のためだよ。」って
村の長に脅されてるようなものだなぁ、というのが私の感想です。


そういうことなら、
むしろ僕たちは、個人でも「こんなことができるんだぜ!」っていう前例を
作りたい。


「夢手紙コンテスト」という花火を打ち上げて、
やってみて初めていろいろなことがわかってくる中で、

やっぱり僕たちは、
このわくわくするたくらみを、本気で成功させてみたいと、
強く思うようになりました。だって、楽しいんだもん。

もし、まだ「田舎暮らしのカフェ」のHPをご覧になっておられない方は、
まずは、読んでみてください。

■「夢手紙コンテスト」
http://cyana.caferoman.com/


そして、もし「おもしろい」と思ったら、
友人やお知り合いに、ぜひ「夢手紙コンテスト」の話をしてあげてください。
ブログやHPをお持ちの方があれば、
ぜひ「夢手紙コンテスト」のことをサイトで紹介してください。

WEBサイトでご紹介いただけるなら、下記のバナーを使い、
http://cyana.caferoman.com/  
へリンクしてください。

banner2.jpg

また、下記のリンク用テキストを利用すると簡単にリンクが作成できます。
<a href="http://cyana.caferoman.com/"><img src="http://cyana.caferoman.com/image/banner2.jpg" width="88" height="31" alt="田舎暮らしのカフェ/夢手紙コンテスト" border="0"></a>


何かをやりたいと思う一人でも多くの人に、
この夢のようなチャンスを知らせてあげたいと思うのです。

これを読んだ人には、何かアクションを起こして欲しい。

家は要らないけれど、僕たちのたくらみに共感を持っていただけるという方は、
「チーナカ基金」に協力してください。(その際は作文は必要ありません。)


2008年9月 1日

「夢手紙コンテスト」発表!

1stflore_02.jpg


「一人じゃ何もできないけれど、
多くの人の夢のかけらが集まれば、誰かの夢がひとつだけ叶えられる。」

そんな素敵なたくらみが、「夢手紙コンテスト」です。


もうすぐ9月1日が終わるけれど、滑り込みセーフ。
先ほど「田舎暮らしのカフェ」のHPを、全国に向けて更新し終わりました。

これでお約束どおり、
ビッグサプライズを何とか今日中にお伝えすることができました。
このことをみんなに早く伝えたいと思って、
パネルトークが終わってからずっと、チーナカ豆と最終調整をしていたのです。


「チーナカ基金」のこと、
「夢手紙コンテスト」がいかにクレイジーでエキサイティングで、
考えるだけでわくわくするたくらみか、
「田舎暮らしのカフェ」のHPに、僕たちのそんな思いが詳しく書いてあります。
まずは、読んでみてください。

■「夢手紙コンテスト」
http://cyana.caferoman.com/


そして、もし「おもしろい」と思ったら、
友人やお知り合いに、ぜひ「夢手紙コンテスト」の話をしてあげてください。
ブログやHPをお持ちの方があれば、
ぜひ「夢手紙コンテスト」のことをサイトで紹介してください。

WEBサイトでご紹介いただけるなら、下記のバナーを使い、
http://cyana.caferoman.com/  
へリンクしてください。

banner2.jpg

また、下記のリンク用テキストを利用すると簡単にリンクが作成できます。
<a href="http://cyana.caferoman.com/"><img src="http://cyana.caferoman.com/image/banner2.jpg" width="88" height="31" alt="田舎暮らしのカフェ/夢手紙コンテスト" border="0"></a>


何かをやりたいと思う一人でも多くの人に、
このタナボタのようなチャンスを知らせてあげたいと思うのです。

これを読んだ人には、何かアクションを起こして欲しい。

もしあなたの夢に場所が必要なら、チーナカ豆は強力なスプリングボードになります。
「夢手紙」を書いてチーナカ豆の土地と建物を手に入れてください。

家は要らないけれど、僕たちのたくらみに共感を持っていただけるという方は、
ぜひ「チーナカ基金」への寄付に協力をしてください。


080901_sage.jpg


この素敵なたくらみで、誰かのつまらない日常をたくさん狂わせることができますように。