« 2007年7月 | メイン | 2007年9月 »

2007年8月28日

僕たちは無能であることを恐れてはいけない。

社会の中で、組織の中で、うまく立ち回れる人間だけが有能だと
考えるのは、とても馬鹿げたことだ。
同じように、社会の中で役立たずな自分のことを、
何の取り得もないつまらない人間だと思うのは、今すぐやめた方がいい。

僕たちは無能であることを恐れてはいけない。
何ができたって、できなくったって、大差ない。
そんなこと、本当はどうだっていいのだ。


asagiri.jpg


重要なのは捨て去ること。
あらゆるものを脱ぎ捨てて、自分の足で一歩前に踏み出すこと。
それができれば、世の中の風景は一変する。
もう一歩、二歩。
自分の足で歩むことでしか見えてこない世界がある。

ぬるま湯の中でいくら想像してたって無理さ。
歩みだした人間にしかわからない方程式がある。
それに早く気づいた方がいい。

社会の中で何もできないからって、
社会のはしくれに、きつくしがみついている必要はないんだよ。


kanakuso.jpg


だって道端には花が、あんなにきれいに咲いてるじゃないか。
人に認めてもらわなくったって、構いやしない。
褒められたいから咲いてるわけじゃない。


食べていかなくちゃいけないって、
みんな呪文のように言うけれど、
食べていくことと、生きることと、いったいどっちが大切なんだ。

おいしいお店を探して食べ歩かなくてもいい。
新しくておしゃれで可愛いモノを、君はもう集めなくていい。
垂れ流しのニュースやTV番組を、いつまでも見てなくていいんだよ。

本当においしいものはウラの畑にあるさ。
小粋なデザインは100年前の日常に溢れてた。
空や海の色、虫や鳥の声、草木花、一日として同じカタチをしていない。
ねぇ、どっち見てんだよ。
君の足元に、これから目の覚めるようなドラマが繰り広げられるんだよ。

僕たちは無能であることを恥じる必要なんてない。

新たな一歩を踏み出すのに、くだらない資格なんていらない。
そのままの君でいいんだよ。

ただ、今まで大事だと思ってきたものを、みんな捨てるだけでいい。
全部だぜ。何ひとつ残さないように捨て去る。
少しの勇気があれば簡単なことさ。街に出るほどの気構えさえいらない。


いい加減、君はそれに気づいてもいい頃なんだ。
だって地球も、この先あんまり長くない。


amanatsu.jpg


話は変わるが、ロマンさんの「あまなつ氷」は、めちゃくちゃうまい。
甘いのにスッキリ、サッパリで、
頭がキンとするけれど、またおかわりしたくなるよ。

ここだけの話だが、私は毎日食べている。
それでいいのだ。

2007年8月25日

そして夏休みも終わろうとして

070824_otomari.jpg


水着が46着。バスタオルが46枚。
靴ときたら92足。
白日にさらされた洗濯物がまぶしい。


070824_bluesky.jpg


これでもか、というぐらいに熱い夏の日差し。
そんなことなんかお構いなしに、
海に入れば子どもたちは、もう大はしゃぎ。


いっぱい遊んで古民家に戻ったら、
採ってきたいっぱいの貝で、貝ごはんやお味噌汁を作ります。
そしてもちろん、みんなで食べる。


070824_girlish.jpg


三間通しの畳の部屋を吹き通す涼しい風。
高い梁と太い柱。


海に沈む真っ赤な夕日。


070824_sunset.jpg


広い土間で繰り広げられる
絵本の弾き語り&キャンドルコンサート


070824_concert.jpg


夜には大きな羽を広げて飛び立つ鳳凰。
(そういうお話しになっている。)

そんな宅野の原風景は、
この地を訪れた子どもたちの脳裏に、
何枚か焼き付いただろうか。


070824_deathmobile.jpg


僕ときたら、こどもたちと一緒にざぶんと海に入って、
ふと気がつくと、ポケットには携帯。

「あらら。」

お気の毒様。お釈迦様。
それは何の前ぶれもなく、ある日突然にやってくるのだよ。


真水で洗って、
お日様にしばらく乾かしてあげるから、
何事もなかったように、
また元に戻ったりしてくれればいいのだけれど。


いずれにせよ、
そんな風にして夏休みも終わろうとしているのだ。

2007年8月23日

池の補修と草抜き

ike.jpg

昨日は、ふと思い立って為山塾の池の補修にとりかかった。
なんせ家も大きく、敷地も広いので、
まだまだ手がつけられずにいるところがたくさんある。

掃除もさしあたりは目につくところから手がけるので、
結構やっているつもりでも、めぼしいところだけでせいいっぱい。
なかなか奥まったところまでは掃除が行き届かない。


そんな折、以前から気になっていた池を何とかしようと思い立つ。

今年は蚊が大量に発生して、
水溜りのような池にもぼうふらがたくさんわくので、
先日は、もらってきた金魚を入れてみた。

しかし、日照りが続くとすぐに水が干上がってしまうのだ。
あわてて金魚を移動させる。

たぶん水が土にしみこんでしまうらしく、
これは少し補修しないと、金魚も飼えない。
「よし」と思って、
頼りになる友人に池の周りの掃除も手伝ってもらいながら、

池の底をさらって、古いモルタルを剥がして、
池をもう少し深くして水漏りを補修することにした。
うまくいけばいいのだけれど。

知り合いの左官屋さんにも来てもらって、さっそく着手。
やるとなると仕事は早い。

土をならして、ビニールシートを敷いて、ラスを入れて、
下塗りのモルタルを塗りつけるところまでやった。
今日はここまで。


そうすると、運が悪いことに、久々の大雨だ。
雷がどろろどろろと鳴り響き、ついにはお決まりの停電。
外出していたので、シートをかける間もなく、
もうなるように放置するしかない。

朝起きてみると、
頼んでもいないのに、さっそく水溜りができあがっていた。
やれやれ。

今日は雨水を掻い出すところからか。

shikiishi.jpg


片や、庭には草が生い茂る。
せっかくの敷石が草と泥に埋もれて見えやしない。

少し草を抜くと敷石も顔を出すのだけれど、
ここもやっぱり、ちゃんと草抜きをして余分な泥をとって、
砂でもまかないとね。


明日はまた、保育園の子どもたちが60人ほど泊まりに来る。
ひと時、宅野の町も賑やかになる。

2007年8月20日

いもずなと古民家

カナダのモレーンやレイクルイーズに行かなくったって、
エメラルド色した湖水はこんなところにもある。

lake_miko01.jpg

カナダは氷河に含まれた鉱物のせいで
絵の具を溶きだしたような美しい湖がたくさんあるけれど、
いろんな鉱物が豊富に眠っているということでは、
三瓶近辺の山々は、なんと驚異的に素晴らしいところだということに
あらためて気づかされる。

このあたりの海岸線だって、
三瓶から流れ出した溶岩が素晴らしい造形を残している。
埋没林だって、はるか昔の大噴火の残滓だ。

そうか。「石見」は石を見る、だもんなぁ。
そういう視点で見直すと、三瓶は母なる山に違いない。
世界遺産なら、それぐらいのスケールでみないといけない。
銀の発掘なんて、たかがおこぼれの砂遊びにすぎないじゃないか。

町並みだってくだらない。
大森もいいけれど、レプリカを作って喜んでるようじゃ、
あまりにもなさけない。

石見には、
かつて「粋」を身に纏った大工や左官職人たちが
遊び心で腕をふるった建築物が
あちらこちらに宝石のようにちりばめられている。

それらが今はみんな捨てられて、朽ちて、
もう土に返ってしまおうとしているんだ。

watarishouse.jpg

何十億円もかけて世界遺産の準備をしても
たぶん何にも残らない。
人が合議して決めることなんて、およそそれぐらいのことだ。

lake_miko02.jpg

鉱物の時間は、はるかに歴史をまたいで積み重ねられる。

僕たちはせいぜい、身の回りの掃除でもして一生を終える。


matsudaya_kura.jpg

宅野にはヘルプしてもらいたがっている古民家がたくさんある。

僕は彼らの掃除をする。
風を入れて、建てたときのように使ってあげる。
そこに住んで、磨いて、使ってあげる。
そうすると、何十年眠っていた家が、喜んで光りだすんだよ。

君も、くだらないことやってないで、
一緒に古民家の掃除でもしませんか。


P.S.
そうそう、いもずな、というのはね。
「鋳物砂」
エメラルドグリーンの水溜りは、それがとれる鉱山にある。
それがどこかは、

教えてあげない(笑)。

2007年8月16日

トウガラシ、夏の終わり

tongarashi.jpg

ウチの第2ファームにトウガラシがたくさんできた。
目の覚めるような赤色が夏の陽射しに負けないくらい赤い。
青いのも少し採って、齧ってみると、冷や汗がでるくらい辛い。

虫も寄せつけないトウガラシは、とってもりりしい。
辛さをめいっぱい内に秘めて、
真っ赤にとんがった実をたくさん逆立てて屹立する。

フフ、俺は甘くないぜ。

yuhi_070815.jpg


お盆は夏休みの里帰りで、
宅野の人口もこの時ばかりは4倍ぐらいに増える。
昨年もウチのカフェに来てくれた方が、
「1年ぶりです。」といって顔を出してくれる。

mixiでしか知らなかった人たちが
「こんにちは」と訪ねて来てくれる。

おじいちゃんやおばあちゃんを連れて、
かき氷やトコロテンを食べに来てくれる人もたくさん。
初めて宅野を訪れる泊り客には、
夕日のプライベートビーチをご案内したりして、

そんな風に、
ばたばたしてる間にお盆も過ぎる。

kaerimishi.jpg


海にはくらげが出るようになって、
いつまでも暑い夏の日も、
少しずつ様子が変わってくる。
蝉の声が切なくなり、
秋の虫が鳴きはじめ、

やがてまた、ひっそりとした宅野に戻る。

2007年8月13日

燃えるような朝焼け

昨日はやけに雲が多くて、
雲の途切れ間から星を眺めるようなスタートだったけれど、
夜が更けるにつれて星の数も増え、
時折「ぶぼっっ」と跡を残して、
ペルセウスの大きな星が渡るのを
目で捉えることができた。

うとうとしながら
目覚めては星を見て、
星を見てはうとうととしながら、
次第に夜は更け、
そうして、やがて夜は明ける。

何度目かのうたた寝から目覚めた時、
空は燃えていた。

asayake_sanbe.jpg

2007年8月12日

あまなつ氷とペルセウス座流星群

久利の福田さんところの
「無農薬木成り完熟のあまなつ」で氷みつを作った。
見映えはさほどよくないが、
これが滅法うまい。

amaatsu_kori.jpg

あまなつのつぶつぶがトッピングしてあるのが
個性的。
冷たくてただ砂糖甘いのが氷だと思っていたら大間違い。
ウチの氷は、あっさりうまい。

ところで、今日(13日)の夜は
「ペルセウス座流星群」が空に流れるようだ。
ちょうど新月なので、星がよく見えて最高のコンディションだとか。

perseids.jpg

これはもう、夜になったら草原に寝転んで空を見上げるしかない。
三瓶のサヒメルで、ちょうどオールナイト観察会をやるみたいだ。
これはもう、行くしかない。

明日は、朝から宅野の海で泳いで、
泳ぎつかれたら、カフェロマンで「あまなつ氷」を食べて、
そのままタオルを持って、三瓶の温泉に直行して、
岳人さんで食事をして、
その後、ドマカフェでお茶を飲んで、
それからおもむろにサヒメルに向かう。
ピークは13日0時頃。

シュラフを持って、みなさん現地で会いましょう。

2007年8月10日

氷!

kori070810.jpg

今年は気がついたら梅雨も明けて、いきなり夏まっさかり。
あれこれやってるうちに、もうお盆も目の前だし。

早くしないと夏が終わっちゃうよぉ、
と思って昨日の夜にあわてて氷みつを作った。

tatesu070810.jpg

その気になればできるのに
なかなかやんないんだもんなぁ。

だって、昨日も夜は眠たくって
いちごを煮ながら、うとうととしてきて、
少しだけ、と思って横になったら、
気がついたら鍋がすっかり焦げついてた。やばい。

そんなこんなで、
今日は今日で、隣の為山塾にお泊まり保育の子どもたちが
またまたやってきた。

hamanasu.jpg

今日もカフェロマンのマスターは保育士に変身する。
ま、子どもたちは可愛いからね。
太陽が一番照りつける時間に海に繰り出す。
そうして連日のボベ採り。

夏が終わる頃には、子どもたちより真っ黒になりそうだよ。


2007年8月 7日

NHKで見れるよ。

suikawari.jpg

先日の4日(土)・5日(日)は、隣の為山塾に
出雲から学童保育の子どもたちが20数名やってきて、
海遊びやバーベキューを楽しみました。

matsue.jpg

その時にちょうどNHKの取材が入って、4日の朝から
べったりとおつきあいをしてくれました。

kumo.jpg

子どもたちと同じくらい、大人も楽しかった。

その時の様子がNHKで放送されます(島根ローカルだけど)。

★8月9日(木) しまねっと 放送時間 :午後6:10~午後7:00(50分)
お見逃しなく!

海ガール

海のキラキラ。

umi_girl.jpg

空、ソララ。

sora_sorara.jpg

さといもサトコの、銀の涙。

satoimo_satoko.jpg