« 2006年6月 | メイン | 2006年8月 »

2006年7月31日

「夕暮れ」

188017188_194.jpg



大森で大塚まさじのライブがありました。

何だか、今日は昼間に恐い思いをしたので、
早くお店を閉めさせてもらって、ライブを聞き
に行きました。

知ってる人には、懐かしい名前です。
「サーカスにはピエロが」から始まり、
アンコールには「プカプカ」を。

「プカプカ」といえば、浅川マキさんが渋く
歌ってたなぁ。

西岡恭三さんも亡くなって、高田渡さんも亡く
なって、
こうやって、大塚まさじさんが一人旅をしなが
ら、今もギター一本で歌っているのを聞くと、
切ないです。

高田渡さんの「夕暮れ」もありました。

夕暮れの町で
ボクは見る
自分の場所からはみだしてしまった
多くのひとびとを

夕暮れのビヤホールで
ひとり一杯の
ジョッキーをまえに
斜めに座る

その目がこの世の誰とも
交わらないところを
えらぶ そうやって たかだか
三十分か一時間

・・・それを聞きながら、
今日は、何だか涙が出そうになりました。

でも、男の子だから泣かないんだけどね。

仕舞のおけいこ

187982336_111.jpg


月曜日は仕舞のおけいこをつけてもらうことに
なりました。能の世界です。

お店は開けているのですが、昼から少しだけ抜
けさせてもらって、大田の青少年センターまで。

謡曲も教えていただくのですが、やっぱり深い
ですね。こりゃー、ちょっと真剣にやらないと
ついていけません。

でもおもしろいですよ。白足袋履いて、扇子を
持ってね。お近くの方、一緒にやりませんか。

お問い合わせは、カフェロマンまで。

危ないところだった

私の場合、mixiやってても気がついたら、
よくそのままの姿勢で寝ていることがある
んだけれど、

車を運転していてもフッと気を失うように
意識がなくなることって、ないですか。

この間は友人を乗せていた時に、フッとい
い気分になって、スーッと左側の壁に寄っ
て行って、サイドミラーを引っ掛けて危う
く正気に戻った、ってことがありました。

今日は、センターラインを割って右側の壁
に接触して、はじめて正気に戻った。

対向車が来なくてよかったね。

って場合じゃなくて、ガリガリという音に
正気に戻った時には、対向車がクロスして
私の車の左側をすり抜けるのを見た。

目の前には次の車が来ていて、私は慌てて
ハンドルを切って、元の車線に戻った。
まるで、ゲームセンターでハンドルを握っ
ているような感覚だった。
何とか、クラッシュせずに済んだ。

しばらくしてから、とてもドキドキした。
恐ろしい話です。
いや、恐かったのは対向車の方ですよね。
本当にすみません。ごめんなさい。

駐車場に戻って車を見たら、ボディの傷は
ほとんどなかったけれど、ホイールがガリ
ガリしていた。

今でも夢みたいだけれど、本当に危ないと
ころだった。

何だか自分に哀しくなるけれど、
まだまだ頑張んなさい、ということなんだ
ろうなと思って。

神さま、生かしてくれて、ありがとう。
この借りは、どこかで返します。

2006年7月30日

テングサ

186969580_39.jpg


今日はテングサを大量にいただきました。
ところてんにするやつね。

これがテングサです。
馬路の海で採ってきたものだそうです。

よく見ると、小さいながら枝っぷりが
とってもきれいです。

これを何回も水洗いして天日干しを繰り返
していくと、だんだん黄色いあめ色になっ
ていきます。

で、乾いたやつを大鍋で煮て、フキンで
漉して冷蔵庫で冷やすと、おいしいところ
てんができあがります。

天然「手づくりところてん」
できたら、お店に出しますね。


186969580_108.jpg

蘇鉄0730

186937537_162.jpg


今日はウォシュレットをつけました。

だいぶ前に買っていたのですが、
つける時間がなくて、
お客さんがいらっしゃらない時を見計らって、
水道栓を止めて、水道管をつないで、
ようやく完成!

これでおしりもよろこぶ。

このあたりはまだ下水菅が通っていないので、
地下に便槽を埋め込んでいます。
ウォシュレットなんかつけた日にゃ、すぐに
あふれちゃうぞ、とみんなに脅されましたが、
でもね、つけちゃいました。

まぁ、節水には注意して使いましょう。

そういえば、ソテツの葉っぱはウォシュレット
みたいだ。

蘇鉄0729

186591648_12.jpg


今日はバウさんがふらっと会いに来られました。

できることがあったら何でも言ってくれ、と
日本中の仲間のネットワークで、できること
は何でも手伝うから、言ってくれ、と。

ほんとにいい人だなぁ。

こんなふうに、いろんな人が気持ちよく手助けを
してくれます。だから私も頑張って、今日も明日
も、前に向かっていくことができます。
怠けたいとか思わないで、楽な気持ちでやれるの
もみんなのおかげ。

本当にみなさん良くしてくれて、ありがとう、だな。
私は幸せものです。

ソテツは誰の力も借りずに、坊主にされても
諦めずに、ぐんぐん葉っぱを出してくるもん
なぁ。

ソテツ、ソテツ。
それならソテツ。
それでもソテツ。
そこからソテツ。

2006年7月29日

ばい貝をもらいました。

165123674_92.jpg


昨日は近くの漁師さんに
ばい貝をもらいました。

ばい貝の殻は結構やわらかくて
軍手で握るとぐしゃっとつぶれるんですね。

で、中の貝の身を取って
塩もみして、薄くスライスして
わさびしょうゆで食べるんですが、
これがめちゃくちゃ、ウマい!!

たくさんあったので、
残りは甘辛く煮てつくだ煮にしました。
これがまた、めちゃくちゃ、ウマい!!
漁師まちでカフェしてよかった。

いや、実はカニも5はいぐらいもらって
そのまま茹でて食べたのですが、
カニなんて冬だけのものかと思ったら
何とこれがまた、実にウマいんだな。
営業中だったけど、
ビールをがないとはじまらないってんで
もう、飲んでしまいました。

一人で食べちゃ、申し訳なかったなぁ。
夕方に来ると、運がよければおすそ分けに
預かれるかもね。

2006年7月28日

宅野シーカヤック体験会

185347809_75.jpg


宅野の浜でシーカヤック体験会をすることが
ついに決定しました。

8月26日(土)
午前の部:AM10:00~、午後の部:PM1:00~
初心者、ファミリー大歓迎!
各クラスとも限定10名です。

わぁい、楽しみだな。
ほんとは自分が一番やりたかったりして。

おぉ、さっそく申し込んどこ。

詳細はこちら。
http://www.caferoman.com/caferoman/img/SeaKayak.pdf

2006年7月27日

ついにTVカメラが入る!

185212600_131.jpg


山陰中央テレビから取材依頼が来たゾ。

8月11日に取材に来て、26日の「週刊・ヤッホー!」で
放映されるようです。
テーマが「ちょいシブおやじの店特集」

おやじ、か。
ま、ウチにゃ、TVないから見れないんだけど。

福助の旗をつけました。

185192985_163.jpg


うちのカフェは民家の中にあるので、
店の前を通り過ぎてもわからない人がたくさんいます。

そんなもんで「福助の旗」をつけてみました。

これならさすがに気づくでしょ。
こりゃ、ただの民家ではないなと。



185192985_221.jpg

蘇鉄0727

185180923_220.jpg


ソテツはすごい。

ウルトラQに出てくる怪獣のような迫力がある。

今日は月刊WINKの取材がありました。
鳥取・島根の情報誌で、お店紹介をしてくれるようです。

まぁ、ウチはカフェなんだけど、
ほんとは人生のスクランブル交差点なんだよな。
何だかわからないけど。

されど私の人生は

斉藤哲男はいい詩をかいたよな。

されど私の人生 (斎藤哲夫 作詞)

   もうどうでも いいのさ
   つまらぬことは 考えないで
   ここからの道を急ぐのさ
   それがもっとも 肝心さ

   長く暑い 一日が終わり
   振り帰る時は すべてが灰色に
   心の中は 荒れ果て尽きて
   先を見ることさえ 苦しみを覚える

   かわる かわる 目の前が
   かわって それで おしまいさ
   されど私の人生は
   されど私の人生は...


明日もがんばろ。

そうそう、14日のライブはこれもやってほしいなぁ。
番外編で。
だめなら、サルビアの花でもいいけど。

2006年7月25日

宅野でシーカヤック

183623863_74.jpg


せっかく宅野は海が近いので、そのうち
何かやりたいなと思っていたのですが、

「シーカヤック」

やっぱこれですかね。

昨日、インストラクターをされている方
といろいろ話していたのですが、
うん、できそうですね。

とりあえず体験教室をやろう!
ということになりました。

よし、シーカヤック、やるぞ!

8月26日あたり、シーカヤックの公開教室
をやりますよ。ファミリーで参加もOK!
わくわくするね。

乗りこなせるようになった日にゃ、もう、
シーカヤックでジャスコまで買い物に行っ
ちゃうからね。

2006年7月24日

雨に煙る蘇鉄0724

182588861_4.jpg


雨をよろこんでぐんぐん伸びる。

2006年7月23日

今日の収穫

181894945_152.jpg



きゅうりのポツポツがとんがってて
いい感じです。

2006年7月22日

キリギリス

181481572_54.jpg



今日は何だか博士みたいな方がやってきて、
「お、庭にいい草が生えてるねぇ。」とか
いいながら、摘んできて、おもむろにその草を
編んで何やら作り始めるんですね。

できあがったのがきりぎりす。
葉っぱに止まらせると、これがなかなかいい。
作品は、ウチのお店に飾っています。
ウチの店内には葉っぱがたくさんあるので、
店に来たら、せひきりぎりすを探してみてください。

こういうお店をやっていると、いろんな
人がやってくるので、楽しいなあ。



181481572_200.jpg

2006年7月21日

日野皓正のレッスン

180628671_119.jpg


コンサートの前の空いた時間に、中高校生の
ブラスの生徒を対象にレッスン時間がありま
した。

久しぶりに見た日野さんは、もういいおじさ
んになっていましたが、やっぱり音はいいで
すね。生は最高です。

あんな風にぱらぱら吹けたら楽しいだろうな。

そんなこんなで今日は早くに店じまい。
よし、これから本番を聞きにいきます!

なすびときゅうり

180568931_133.jpg


この雨で野菜は元気。

葉っぱの上のなめくじやてんとう虫やその他の
いろんな虫も激しく元気。
雑草も元気。

トマトの成長も著しくて、あっちこっちに枝を
伸ばし、地の上を張って伸びる。
あわてて起こして棒に縛りつける。

なすび、きゅうり、頑張れ。


180568931_118.jpg

2006年7月20日

ひのてるまさ in サンドミュージアム

180057276_31.jpg



明日は日野皓正(てるまさが変換できない!)
のコンサートがサンドミュージアムであります。
最近、琴ケ浜が注目を浴びている関係でサンド
ミュージアムも入場者数が増えているようです。

サンドミュージアムは、行くとガッカりする、
というのが一般的な評価のようですが、私はま
だ一度も行ったことがないので、明日初めて行
ってみます。

いや、会場のセッティングで朝からイス運びの
お手伝いに。

2006年7月19日

小さなお客さん

今日は小学生のお友だちが3人で百円玉を持って
シフォンケーキを食べに来てくれました。

私の時代は小学生だけで喫茶店に行くなんて
かんがえられないことだったので、私の方が
ちょっとドキドキしてしまいました。

「おかあさんは、ここで食べるの知ってる?」と
小さな声で聞いたのですが、ちゃんと了解は得て
きたようなのでひと安心。

おまけにリンゴジュースを入れてあげました。

このあたりの子どもたちは、本当にあいさつや
受け答えがきちんとできて、礼儀正しくて、感心
します。

食べ終わった後には、「ごちそうさま」って、
ちゃんとお皿を持ってきてくれるのです。

みんな、素朴でつるっとしたいい顔してるんだよな。

ウチの畑で採れたキュウリ

179201339_11.jpg



この何日かの雨の前は、確か1センチぐらいの
直径で長さも10センチほどでまだまだだと思っていたら
まあ、びっくり。

大国のおじさんが「畑、見とる?」といって
もぎってきてくれたキュウリは、もう立派すぎるほど
りっぱに育っていたのでした。

もうひとつのはこれのまだ1.5倍ぐらいあって、おじ
さんと一緒に土のついたまま、生でかじったのですが、
生のままで何もつけんこに、うまい。

と思ったら、近くの方がまた夕方に巨大キュウリをたく
さん持ってきてくれました
「あ、ありがとう。」
農作物はどこも採れる時期が重なるのです。

しばらくの間、ウチの食事はキュウリだらけだな。

2006年7月18日

Teach Me Tiger がスゴい!

178620418_134.jpg



インターネットラジオを聴いていたら、
流れてきた曲にあっけにとられてしまいました。

April Stevens の「Teach Me Tiger」という曲
ですが、何だかすごい。
もう、10回ぐらい繰り返して聞いてしまいました。

今なら、こちらで聞けます。
http://www.closed-system.com/onetrackminds/aprilstevens.html

2006年7月17日

雨に煙るソテツ

177606002_147.jpg

 
今日は雨で警報が出てたようだけど、
ソテツはますます元気。

2006年7月16日

宅野に10軒ぐらい

177123192_150.jpg



今日、松江で民芸品の販売や喫茶をされている方が
お店に来られて、いろいろとお話をしていました。

この仁摩の近辺はほんとにお店がなくて、
特にこの宅野じゃ、一軒だけあったタバコ屋さん
も店じまいして、私は吸わないからいいんだけれど
ここじゃタバコも買えないんです。

そんなところでカフェをオープンしたのですが、
宅野は実にいいところなんです。
町全体がからっと明るくて、ゆったりとした時間が
流れていて、散策路がたくさんあって、
海が近いので、時間があれば釣りなんかもできるしね。
シーカヤックでちょっと海の散歩なんかもね。
パラダイスでしょ。

空家がたくさんあるので、そういうところに
若い感覚の人がぽつぽつと入ってきてくれればね。

あんまり儲かんないかもしれないけれど、
自分のお店で自分の思うようなスタイルでやって、
それでお客さんに喜んでもらえたりするとね、
やっぱり生きてるって気がするよ。

ブティックや雑貨屋さんや、ウチみたいなお店が
あっちの路地、あの角を曲がったところ、
そんな感じで10軒ほどできれば、
この町は断然おもしろくなる。

こんないいところ、
こういうところに住んで、お店でもやりたいと思う人、
都会からみれば、きっとたくさんいると思うけどね。

そういう話。

イメージづくり、お店づくり、人のつながり。
希望者があれば相談にのりますよ。

蘇鉄0716

177082467_59.jpg


全部葉を落とされてぶとい幹だけに
なっていた隣の蘇鉄が、
あちらこちらから、くじらの潮吹きみたいに
勢いよく葉を出してきました。
先っぽのオレンジ色の実が、また怪しげです。

こいつはすごい植物ですよね。パワーがある。
しかも年季の入り方が並みではない。

2006年7月15日

ふなむし君

176573920_151.jpg


ここ何日か、ずっと店の中を歩き回ってるんだよね、
ふなむし君が。

海の水際のあたりでしか生きられないのかと思って
んたけど。いったい何食べてんだろうね?

ごきぶりだとやっつけにかかるけど、ふなむしだと
放置してても平気なのが不思議だね。

カキ氷をやる!

176113186_64.jpg


この旗を見るとそそられます。
で、やっぱりメニューにいれるか、と。

「かき氷開発プロジェクト」発足!

近日中に店で出せるように頑張ります。
食べに来てちょ。

2006年7月14日

古民家・古家具よみがえらせ研究所

175302371_166.jpg


これは「生活スタイルの組み直し」ということに
絡むテーマだと思うのです。

例えば、東京や大阪からこっちに来て、
都会と同じようにアパートやマンションに住んで、
都会と同じようにスーパーで買い物をするような
そんな生活をしてたんじゃ、不満がいっぱい。
こんな暮らしにくいところはない。

肉だって野菜だって、都会の方が安くて新鮮だし、
着る物だって、遊ぶ物だって、お店だって、本だ
って、そもそもあるものしかないんだもの。
わずかにあるものの中で選ぶしかない。

仕事はないし、給料は安いし、一緒に遊べる友だ
ちもいないし、映画館もないし、遊べるところも
ない。

で、地元の方はどうかというと、例えば古民家に
しろ土間にしろ、お年寄りにはバリアだらけで、
維持するのにも、手間やお金がたくさんかかる、
ただ古くてきつい家屋でしかなかったりする。

少し郷愁があるくらいで、そんなもの早く解いて、
何とかハウスで立て替えた方が、よっぽど快適な
日々が過ごせる。それは実際そうなんだ。

でも都会の人から見れば、古民家や古家具はとて
も渋いし、ファッショナブルだし、インテリアと
して見るとたまらない魅力がある。

そこを改築して住んだり、お店を開いたり、そん
なことが自由にできる空家があるとしたら、喜ん
でやって来る奴も、都会にはたくさんいると思う。

で、そういう空家ならたくさんあるのだけれど、
古家具は今日も燃やされ、古民家はやっかいな産業
廃棄物として次々と壊されていく。

だって、いくら古くて立派で骨董価値があるもの
でも、普通の人にはただ古くて汚くて、置き場に
困るものでしかなかったりするし、
「いいものだからしまっときなさい。」と言われ
て蔵や納屋にしまっていても、いつまでたっても、
やっぱりずっとしまっているだけで、普通の人に
はそれをどうしていいものやらわからないし、結
局どうにもできずに蔵で眠らせている。

こういう物件を、融通のきく大工や左官や都会の
デザイナーや設計家とうまく引き合わせれば、人
の目にもたくさん触れて、いいものだと喜んでも
らえて、地域の財産としても自慢に思えるような、
そんなものが手がけられる。

そういう人たちから、土地や建物や家具をよみが
えらせるアイデアを引き出し、空家や家の改築と
うまくマッチングさせて、シナプスをつなげて行
こうという試みです。

「古民家・古家具よみがえらせ研究所」

伝建地区の古民家再生とはちょっと違って、古き
良き職人の仕事に敬意を払いながら、そこに新し
い感覚を取り入れて、古さ、不便さを日々の生活
環境として楽しむための、よろず相談所です。

スーパーに行かなくても、野菜なら自分の畑で作
ってね。海のそばなら、漁師から雑魚を分けても
らったりしてね。朝は早起き、自然がごちそう。

そういう生活スタイルというものがあるのです。

2006年7月12日

アジの干物

174460295_57.jpg


今日は近くの漁師さんにアジをもらったから、

1.アツアツご飯にとれとれアジの刺身どんぶり。

2.かわはぎのような角が1本はえたやつの甘辛煮付け。

3.さしみのあとのアジの骨から、だしを取った
  うまうま味噌汁。

のメニューで、たらふく、おいしく召し上がったのですが、
それでもアジがあまったので、

干物に挑戦してみました!

前にチャレンジした時は、洗濯物干しにつるして外に出
しておいたら、見事に猫にやられて、朝になったら物干
しごと無くなっていて悔しい思いをしたので、今回はそ
の教訓を活かして、網の上に干して、家の中で乾かすこ
とにしました。

いわゆる、一夜干しですね。

「また、来たよ!」

174438777_84.jpg


って、
ななえちゃんが、今日は新しいお友だちを
連れてきたのでした。

しんや君としょうた。

田舎の子どもは素朴でいいよな。
日本の子どもって、ほんとにこんな風だったよな。
って変に感動してしまいます。

店のディスプレーを見て
「僕もつくっていい?」っていうから
「好きなの飾っていいよ」っていうと、
すごくいい作品を上げてくるのです。

これ、なかなかのセンスでしょ。


174438777_216.jpg

ゆめあつめ工房

173883443_35.jpg



「ゆめあつめ工房」ってのは、
一人ひとりが「夢だよね。」ってあきらめてしまい
そうなことを、ちょっと引っぱってあげてね。

実現するために必要な手助けが、あちこち連鎖しな
がら自然に生まれてくるような、そういう仕組みを
作っていこうというものです。

一人じゃ(グループでも)なかなか超えられない垣
根も、意外なところで意外な人と出会えて何とも簡
単に解決することって世の中にはたくさんあります。

それは運がいいとか、お金があるとか、いい学校を
出てるとか、そういうことじゃなくて、気持ちがま
っすぐに伸びていけば、誰でも本来どんどんいい方
向に向かっていくのです。

でも、そうまっすぐに気持ちを持ち続けられるほど
人は強くないから、挫けそうな時にここにくれば、
ちょっと後押ししてあげられる。
そういう工房があればいいんだろうと思うのです。

私はこれができる。僕はこれしかできない。お金な
ら出せる。体を使ってできることなら何でもやる。
人知れずすごい技術がある。アイデアならおまかせ。
そういう人たちの夢がシナプスのように小さな触手
でつながってね。それが大きなパワーになっていく。

普通の人の、おかしな夢でまみれた、ありきたりの
人生がおもしろいんだよな。


Photoはウチの隣の庭にある巨大ソテツ。
人知れず天然記念物!

2006年7月11日

3つの仕事

せっかく生きててね。
今生で、自分は何ができるんだろうって、
そういうことをずうっと考えているんだけど。

「石見銀山ロマンCafe」を拠点にね。
こういう方向でどうだ、と。

1.ゆめあつめ工房

2.古民家・古家具よみがえらせ研究所

3.後継者育成ステーション


たぶん、残された時間はあまりないんだ。

しーちゃんとななえちゃん

今日は定休日だったので、
たまっている事務仕事をやっつけていました。

でも、戸口を開けているとお客さんが来るので、
来られたら何か出さないと何だか申し訳ないので、
やっぱり営業するのでした。

夕方に、可愛い顔が見えたので
「入っていいよ!」って言うと、
小学生2人組の女の子がやってきました。

しーちゃんとななえちゃん。

結局、裏庭でグリコとおにゴッコまでして
大はしゃぎ。
テーブルの陶器を落として泣いちゃったり、
スイートポテトがおいしい、といって喜んだり。

「明日も来ていい?」って言うから、
いいよ。

明日は何だかプレゼントを持ってきてくれるのだ
そうです。

予告!夕涼みライブコンサート

173211719_42.jpg


8月14日(月)PM19:00から
「夕涼みライブコンサート」やります。
ゲストは、アイリッシュフォークのスーマー
http://www.netlaputa.ne.jp/~suemarr/

生ギター、フィドルのアコースティックな音が
夕暮れ時のくつろぎタイムを演出します。

盆踊り前に、ご家族総出でどうぞ!

2006年7月 9日

関西仁摩会、無事終了

172343585_198.jpg


おかげさんで盛況でした。

「懐かしい顔に出会えて、嬉しかった!」

と後からわざわざお礼を言いに来てくださる方
がいらして、本当にやってよかったなあと思い
ました。

また、やります。

韓島の象

172325618_130.jpg


いるんですよ。
韓島には象が。

韓島清掃

172318308_253.jpg


今日は、朝8時30分から韓島の清掃。

みんなで船に乗って韓島に上陸したのでした。
何だかいいね。
その後、浜でバーベキュー大会。


172318308_250.jpg

2006年7月 8日

関西仁摩会の中継、今日12:00から。

171545833_247.jpg


今日(9日)は、
大阪で開かれている関西仁摩会の様子を
インターネットで中継します。

12:00から開始。参加費無料。
当日は冷たいお茶を用意していますので、
ご興味のある方はどなたでもどうぞ。

会は2:00に終了しますので、
その後に希望者には隣の巨大な古民家
「為山塾」の鍵を開けて、建物内部の
ご案内をしようと思っています。

これも一見の価値ありですよ。

http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/shimane/news/20060706ddlk32040484000c.html

来たぞ!オニエビ

171329791_140.jpg

これで幻のオニエビ丼が食える!!

オニエビ丼 1杯わずかの1000円。限定10杯!
オニエビ味噌汁ぶっかけ丼 なんと500円 限定10杯!

売り切れ寸前!!!


171329791_27.jpg

2006年7月 6日

ドラの子

170133076_213.jpg


近はちっちゃいのが2匹増えた。

ドラの子かどうかわからないが、
ちっちゃいのが自分のエサを取りに来ると
ドラの本性で、フーフー言ってけん制をする。

でも、邪険にすることなく
横取りして食べるのを許してやっているところ
がエライ。

ウチのドラ

170129034_91.jpg



宅野には猫がたくさんいる。
人は歩いていないが、猫は歩いている。

ウチのドラ。

ドラだけど、結構知的なヤツ。
ほとんど鳴かないけれど、
お腹がすいているときは裏戸のところで
行儀よく手をついて目をしばしばさせている。

2006年7月 5日

馬路があつい!

169238539_152.jpg


雨と風が横から吹き付ける
あいにくの天気。

でも、今日は朝から馬路の方が
夢をかたちにするための話をしに
来られました。

馬路の鞆ヶ浦は、石見銀山の
銀の積み出し港だったこともあり、
この静かな入り江が今注目されているのですが、
ここは駐車場もトイレも整備されてなくて、
立ち寄れるお店などもひとつもない。

なんとかしなくちゃね、ということで
古民家を移築して民泊ができるようにする。
せっかく海が近いので
おいしい魚や干物がそこで食べられたり、
おみやげに買って帰ったりできるようなところに
する。

それから船で入江が遊覧できるようにする。
置き網まで船で行って、
そこで自分で魚をすくったりすると楽しいだろうな。
と夢がふくらみます。

私も及ばずながらお手伝いをさせてもらって、
秋までにはこれをかたちにできればと思っています。

「馬路に行ったらうまい魚がたべられるぞ!」
って、そのうちみんなが言うようになるからね。

温泉津、仁摩、大田をつないで、そういう
何かをやっていこうという気持ちを持った人たちのやる
お店、工房、マニアな見どころ、
そういうのを集めたコースマップを作ってみたいぞ!

オーナーはもちろん、自薦、他薦でもOK!
手をあげてもらえればカメラを持って取材に行きます。

って、mixiでこういうローカルな話をするのもいいね。
インターネットは、たぶんそういう流れになってくる
んだろうと思いますよ。

って、あまりにお客さんが来ないので、ずいぶん長話を
してしまいました。

きつい風

169212115_23.jpg



今日は朝からきつい風が吹いてます。

こちらに来てびっくりしたのはこの風のきついこと。
海の近くというのもあるのでしょうが、
台風なみの風が普通にビュンビュン吹きだして、
庭に軽い気持ちで置いてあったものは、
トタンから、ゴミ袋から、バケツから、
あらゆるものが吹き飛ばされていく。

いろんなものをあちこちにくくりつけて、
重しをのせて、
それでも裏庭で異音がしたら、
飛んでいって、拾ってきて、またくくりつけて、

ったく。

2006年7月 4日

篠原メタル工房

168599485_131.jpg



水上にある篠原メタル工房というのは
ちょっとおもしろい。
鉄でいろんなオブジェを作っててね。

今日、いくつか作品を持ってきてもらった
のでお店に飾りました。
手づくりだからね。
それぞれが世界にひとつしかない。

花台 \3800 ※ガラス瓶とあじさいはついてません。
燭台 \5800 ※和ろうそくがついています。

鉄は素材としていいけれど、それだけじゃ
何かおもしろくない。
でも、花や山野草と組み合わせると、俄然
空間が引き締まってくる。

どう演出するか。
工夫次第で鉄がぐっと生きてきて、
そのあたりの磁場が変化していくのがいいね。


168599485_99.jpg

プロジェクターを設置!

168582157_15.jpg


スクリーンで映像をながしたいなあ、
と思ってプロジェクターを買ってたのを
昨日の夜にようやくセッティングして
映してみました。

いいね。
これで週末の夜はMTVでも見ながらビールが
飲めるぞ。

2006年7月 2日

幻のオニエビ丼

オニエビを食べたことはありますか?

私はその存在も知らなかったのですが、これが
エビの中では最高にうまいそうで、伊勢海老なんか
メジャナイぞ、と友人は言います。

そのオニエビがそろそろ網にかかるようで、
来週あたり、トロ箱にどっと仕入れられたら
そのまま生で、どんぶりの熱いご飯の上に
てんこ盛りでオニエビをのせて、わさび醤油をかける
ぐらいのシンプルさで、ががっと食らうと、これが
もう、たまらんぐらい、至福のうまさだそうです。

早く食べたいぞ!!!

来週の土曜日あたり、凪で運良く網にかかったら、
ついに「幻のオニエビ丼」を拝めるかも、です。

たくさん入ったら先着5名様ぐらいにはおすそ分け
ができるかも。てんこ盛り1杯1200円。

楽しみ。楽しみ。

清掃延期でスイートポテト

167404030_17.jpg


島の清掃が雨で来週に延期になりました。

朝から毎日新聞社の記者さんが来られていたので
最近の近況をひとしきり話す。
来週9日は「関西仁摩会 on Skype」で朝から2時
過ぎまで貸し切りになります。

で、今日は午後からはスイートポテトを焼きました。

晴れたら浜で。

9日(日)は晴れたら、ここらへんの若いもんが
集まって韓島の掃除をやります。
それが終わったら、浜でバーベキュー大会。
朝8時30分集合で、参加費用2000円で誰でも
参加できるんですよ。

そんなもんで、もし晴れたら
朝から浜や韓島に渡って掃除をするので、

お店は休みです。

でも、雨だったらお店やってます。
雨が降ったらスイートポテトでも焼こうっと。
限定5個。早い物勝ち。
珈琲と食べるとうまいぞ。

2006年7月 1日

やっぱり刺身のもんだわ。

166613267_40.jpg



お客さんが来ないので食べちゃいました。
あごは結局、刺身で。
イカもさしみ。
残った足とミミは煮付け。

うまい。
とにかくうまい。
一人で食べて申し訳ない。

あごとイカ

166524668_103.jpg



今日は漁師さんに
あご(とびうお)とイカをもらいました。

刺身にするか塩焼きにするか。
お近くの方、食べにきませんか?
今すぐ来なきゃ食べちゃいます。

明日は韓島さんの清掃の日。
晴れればいいけどね。